スマートフォンの速度制限

LTE回線を使っていると、立とえ、7GBを突破してしまっても、回線のごたごたを避けることや、公平に通信できるようにするために、著しく通信速度が遅くなるデータ通信の速度が制限されます。

私立ちの生活に密着しているのがスマートフォンです。

気持ちよく、利用したいものです。

1ヵ月に使用可能な通信量を、色々な裏技を駆使して、スマホライフを送りましょう。

そのような中、僕が、苦心して調査した、とうとう、速度制限の対策法を、大公開。

実は、docomoとauは翌月1日に、通信制限の解除日になります。

ソフトバンクだけは、契約内容の、締め日によって、通信制限の解除日が、3種あるんです。

外では、ネットサービスを、環境を造らないのであれば、自宅では、wihiを使うことによって、通信制限問題は、うけることが少なくなるでしょう。

7GBを超えてしまうと、データの通信は、明らかに落ちてしまいます。

たかがWEBページ、されどWEBページ、注意が必要になります。

画像の数がたくさんあるホームページは、通信量が多くなる傾向があるので、特に写真が多いページを、見て回るときは、注意しなければなりません。

知っていますか?docomoやauは翌月1日に、ようやく通信の制限から解放されるんです。

ソフトバンクだけは、契約時の、締め日により、通信解除が、3種類あることに注目しましょう。

僕が行ったことは、キャリアのデータ使いサービスである2
625円を、支払い、サクサクと2GBまでなら、通常の速度で動かせます。

ま、また通信制限か、これになると、滞りなく使えていたネットが、ストレスフルな環境の陥ってしまいます。

しかしながら、それに7GBも、使う人にとって、直ぐに2GBなんて使い切ってしまいます。

嫌な、通信制限、これに陥ると、速度は著しく衰えます。

ほとんどの操作が遅くなります。

持ちろん、動画なんて見れません。

動画だけでなく、ツイッターなどのホント嫌になるくらい何も出来なくなります。

嫌になりますね。

本当に……。

高速通信LTEを使うことで、高いポテンシャルをもった、大規模なファイルの、やり取りができますが、利用者が、使用することで回線が非常に混乱するので、月に7GBの利用という、使用できません。

データ量を超越してしまうと、データを通信する速度は、はっきりと遅くなります。

ネットサーフィンでも危険はたくさんあり、油断しないようにしましょう。

特に、画像が多いホームページは、通信量が多いんです、写真が主体のなるページを、見て回るときは、しっかりと注意しましょう。

データ容量の消費が多い、動画ホームページの鑑賞や、ダウンロードは著しく、データ量を使い、7GBを1ヶ月で、消費してしまい、通信速度の制限がかかり、極端に動きが遅くなります。

外では、ほとんどネットを、使用しないのであれば、在宅中は、wihiを使うことによって、面倒な、通信制限をうけることなく、ネットの使用ができます。

実は通信制限になると、ホント、速度は出ません。

動画だけでなく、ゲームの利用も出来ません。

SNSの利用も沿うですが、普通にネットをすることが難しくなります。

これでは重いプラスチックの部品です。

ゲームであそぶことも、著しく多くの通信量を、食うんです。

遊んでいるアプリのクオリティが、上がるほどに、求められる通信量が、必要になります。

私立ちの生活に密着しているのがスマートフォンです。

出来るならば、ストレスを溜め込まずに使用したいになります。

1ヶ月に利用OKな通信量を、お得な方法を使って、通信制限の引っかかりを避けましょう。

こちらもおすすめ⇒wimaxが速度制限なしの理由

カテゴリー: 未分類 パーマリンク