LTE回線は月に7GBオーバーするとインターネットの利用に制限

LTE回線は、月に7GBオーバーすると、あらゆるユーザーが、混乱することなく、平等性を保つために、著しく通信速度が遅くなるケースがあります。

通信制限を食らうと、インターネットの利用に制限が加えられ、ネット環境を楽しむことが難しくなります。

ゲームの利用も、多くの通信量を、消費してしまうんです。

遊んでいるアプリのクオリティが、ハイクオリティになるほど、莫大なデータの必要になってしまうんです。

外では、インターネットを、利用しないのであれば、自分の家にいる時は、ネット接続をwihiにすることによって、厄介な通信の制限に、ネットの使用が可能なんです。

ところがどっこい7GBの通信制限を、使い切っちゃう人にとって、ちょっと2GBって少ないですよね。

通信の制限に、解除する方法は、あるのでしょうか、まずはどのくらい速度が、遅くなるのか?持ちろんあなたは、知りたい真実ですよね。

そのような中、僕が、解決策をなんとか捜し出した、とうとう、速度制限の対策法を、編み出しました。

現に僕は、このようなことを考え、キャリアのデータ使いサービスである2
625円を、支払い、サクサクと2GBまでなら、通常に使用できるになりました。

容量をオーバーすると、速度が、極端に低下してしまいます。

通信制限をうけたことがありますか、極端に速度が出なくなります。

動画の閲覧は勿論、ゲームも出来なくなります。

動画だけでなく、ツイッターなどのホント嫌になるくらい何も出来なくなります。

これでは重いプラスチックの部品です。

LTEは携帯電話の通信規格の一つです、大きな容量のファイルをやり取りが可能なんですが、利用者が、多いため、回線がパンクし、よって、月7GBしか、通信しか出来ないようになっているのです。

ゲーム中に、「通信中」と出るのは、かなり危ないかも、あるいは、必要以上に「ダウンロード中」と、とにかく表示される、ゲームには危険が潜んでいます3大キャリアの2つ、docomoやauは翌月1日に、通信の制限が解除されます。

ソフトバンクだけは、契約内容の、締め日によって、制限の解除日が、全部で3種類あります。

WEBページを見るだけなら大丈夫と、注意しましょう。

画像の数がたくさんあるサイトは、通信量が多くなる傾向があるので、写真が主にあるページを、見て回るときは、十分な注意が必要。

ネットサーフィンでも危険はたくさんあり、注意しましょう。

大量の画像のあるページは、通信量が多くなる傾向があるので、特に写真が多いページを、見るときは、注意することが大事。

外では、インターネットを、使用しないのであれば、自分の家にいる時は、ネット環境はwihiにすることによって、そうすると、通信制限を、うけることが少なくなるでしょう。

容量をオーバーすると、通信速度は、明りょうに落ちてしまいます。

私たちの生活に密着しているのがスマートフォンです。

安穏に、かつ面倒なことをせずに、使いたいものです。

1ヶ月に使用できる通信料を限られていますが、マル秘なおトク技を使って、有効に賢く節約しましょう。

通信制限をうけた場合、ホント、速度は出ません。

ただの機械に成り下がってしまいます。

動画、ゲームは出来なくなります。

SNSの利用もそうですが、面倒になるんです。

嫌になりますね。

本当に……。

さてさて、128kbを説明しましょう。

言葉で言っても分からない方のために、体験が自分の経験値になるので、理解できるでしょう。

あわせて読むとおすすめ>>>>>wimaxを無制限プランで比較

カテゴリー: 未分類 パーマリンク